古書を買い取ってもらおう

本を読んでいる女性

現在、日本のいたるところに古本買い取りサービスをおこなっている店舗が存在します。
読まなくなった文庫や新書、コミックなど、あらゆる分野の書籍を買い取ってくれるのです。
ふつうにゴミとして捨ててしまうと何も残りませんが、買い取りをしてもらうことで少なくともいくらかの利益を得ることができるのです。
しかし、みなさんがよく利用する古本買い取り店では、なかなか買い取ってもらえない書籍があります。
それが古書と呼ばれるものです。
古本が現在もなお出版されている、もしくは在庫に残っているものを指す一方で、古書とはすでに絶版となってから何年も経過しているものを指します。
現在の書籍には欠かせないISBMコードが無いものもあるなど、今となってはまず見ることのない書籍ばかりでしょう。
そんな古書は、古書を専門的に買い取ってくれる店舗へ持っていく必要があります。

古本の買い取りで、その書籍の新しさや状態の良し悪しを大きな判断基準としているのに対して、古書の場合は、より古いかを基準としています。
傷や汚れがあってもいいというわけではないですが、多少であればそう買い取り価格は変わらないはずです。
同じ買い取りにしても、古本とはまた違った特徴を持っていることをしっかり覚えておきましょう。
古書の買い取りは、店頭へ持っていくことでもちろんおこなってくれます。
しかし、その他にも買い取りをおこなってくれるための便利な方法があるのです。