電卓とお札

捨てるのはもったいない

スーツの女性

郵送でも出張でもとにかく古書の買い取りをして欲しい方は必見です。

祖父母もしくは両親が愛読していた古書を譲り受けることがあると思います。
古書とは、現在はもう絶版となっており、書店などでは購入することができなくなってしまったものを指します。
古典籍をはじめとして、古書にもさまざまなジャンルがありますが、正直なところ、譲り受けても読まないことが多いのではないでしょうか。
最近は活字離れしている若者も増えており、書籍からではなく、何でもネットから情報を集める時代です。
読書に関しても、スマホ1台あれば電子書籍を利用して簡単におこなうことができます。
年々通勤時間に読書をしている人も減ってきました。
読みもしない古書をいつまでも部屋に置いておくというのも、無駄に部屋のスペースを奪うことになってしまいます。
そこで、せっかく譲り受けたものの、古書を処分しようと考える人がいてもおかしくはありません。
ですがふつうに捨ててしまっては何も残りませんよね。
買い取りであれば、不要となった古書を金銭にしてもらうことができるのです。
ふつうにただ捨ててしまえば1円にもなりませんが、買い取りをしてもらうことで少なくとも1円以上にはなって返ってくるわけですからお得ですよね。

ただし、古書の買い取りを依頼する場合、ふだんみなさんが利用しているような古本買い取り専門店では断られてしまう可能性があります。
というのも、古本と古書を分けて考えている業者は多く、一般的に古本買い取り専門店と言われる店舗では、古書の買い取りをしていないケースの方が圧倒的に多いのです。
しかし、日本には古書のみを買い取ってくれる店舗というのもたくさん存在します。
しっかり査定してもらい、納得いく金額で引き取ってもらいましょう。

古書を買い取ってもらおう

本を読んでいる女性

古本買い取り店ではなかなか買い取ってもらえない古書ですが、古書のみを買い取っている店舗もあります。店頭に不要となった古書を持っていくことで、しっかりとした査定と買い取り作業を進めてくれるのです。

Continue Reading »

買い取りの方法

大金

不要となった古書を買い取ってもらう方法として、店頭に持ち寄るだけではなく、郵送と出張という方法もあります。どちらとも自宅にいながら古書の買い取り作業を進めることができるため、店頭に通えない人にはオススメですよ。

Continue Reading »

店舗ごとの情報を集める

財布の中のお札

古書の買い取りをおこなっている店舗は日本全国に多数ありますが、やはり依頼するのであれば、より高値で買い取ってくれる店舗でしょう。そこで比較サイトを使って、より優良な店舗を探してみることをオススメします。

Continue Reading »